2012年10月31日

実験1・ゆで太郎で冷たいコロッケ

DATA-----------------
ゆで太郎 一番町店
もりそば 260円+コロッケ 50円+かきあげ 120円=430円
---------------------

すっかり寒い季節になりました。
夏の間は、あたたかいコロッケそばをなかなか食べる気になれませんでしたが、
こつこつと実験を続けていましたので、一部ご報告。

冷やしのそばにコロッケは合うのか。

夏は季節メニューのぶっかけおろしそばみたいな爽やかなメニューを頼んでしまいがち。
ですが、通常メニューにはサイドでかならずコロッケがありますので、
組み合わせでの注文は可能です。
いくつか実験した中から、もっともシンプルな組み合わせを。たしか7月下旬の盛夏の頃。

yu01.jpg

かきあげまで追加しているのは、空腹のせいもありますが理由があります。
追加がコロッケだけだと、そばちょこが通常の小さいもので出てくる可能性があったため、
なるべく大きな揚げ物を追加して、揚げ物対応のそばちょこをゲット。
この大きさなら申し分ありません。

冷たいつゆにコロッケをつけます。

yu02.jpg

うーん、やっぱり冷たいつゆだとコロッケがあまりおいしく感じません。

おそばに乗せるコロッケは、揚げ置きで冷たいものが基本なので、
あたたかいつゆの上で徐々に暖まることでおいしくなります。
冷たいつゆにつけると、冷たさが強調されてしまいますね。

yu03.jpg

暖かい時よりも中身の液状化は少ないです。

○総評 ★☆☆☆☆
冷たいつゆでコロッケを食べる場合は、通常のおかずで食べるような
ホカホカのコロッケのほうが合うかもしれません。
posted by こそぶろ at 22:04| 実験