2013年03月28日

調査14・ちかてつそば 方南町店

DATA-----------------
ちかてつそば 方南町店
東京都杉並区方南2-12 地下鉄方南町駅2番出口
コロッケそば=370円
---------------------

コロッケそばのあるいい感じの立ち食いそばやさんないですかね、と友人に聞いたら教えてくれたお店です。
中野坂上に髪切りに行くついでに方南町まで足をのばしてみました。

方南町。小学生の頃自転車で鉄道模型店に通って以来かもしれません。

ちかてつそば方南町店。方南町駅の2番出口、環七じゃないほうのより渋い出口を出たすぐのところにあります。

chika01.jpg

とっても狭いですよ。狭い店内に狭いカウンターで4人がやっとくらい。厨房とカウンタースペース含めて全部で四畳半切るかもしれません。
でも、とてもいい感じ。手書きの張り紙がびっしり。こういう店構えは期待が高まります。

地下鉄そばっていうくらいなので、東京メトロと関係あるのかなと思って調べたところ、いちおうメトロフードサービスのサービスみたいです。
みたいです、というのは、会社の沿革にも現在の店舗展開にも載ってないんです。

メトロフードサービス 沿革

最初にちかてつそば門前仲町店ができて、その後東陽町店ができて、じゃあ方南町店はいつできたんだろう、ってところがぜんぜんわかりません。もしかしたら、もはや契約は切れてるけど長年親しまれた店名なのでそのまま、みたいなケースの可能性もありますね。

とりあえず、期待しつつコロッケそばを注文。


「四畳半コロッケ蕎麦大全」

chika02.jpg

いい感じの佇まいです。箸立てがタイガー。カウンターはすごく狭いです。
青菜の類もわかめもありません。濃いからいつゆとゆで麺とコロッケ。シンプル。
他のサイトとかで「つゆが熱め」とありましたが、そんなに感じませんでした。でもまああつあつだったかな。
なにしろコロッケにしか興味がないもので。。。

chika03.jpg

コロッケは家庭的なタイプ。西荻窪の笠置そばのおねえさんが「そばに合わなくてダメ」って話してたヤツです。
衣は普通にさっくり揚がっていて、中はミックスベジときめ細かいおいも。衣はどんどんはがれてきます。
なもんで、最初に出された時点ではコロッケ上部はまだ水没していませんね。

chika04.jpg

ふわっとさっくり。衣もはがれる。急いで食べます。やはりちょっとつゆが熱めなせいもあって、コロッケが先に食べ終わっちゃう感じ。久しぶりに溶けるコロッケそばです。コロッケを大半食べ終わったあと、ゆっくり麺とつゆを戴きます。意外とコロッケの香ばしい部分がつゆに残っていて、なかなかいい感じ。たまには溶ける系もいいですね。

このお店、いろいろ楽しかったです。天ぷらがすごく充実してます。天ぷらも家庭的なタイプ。種類も豊富。もう少しおなかが空いていたら、コロッケ以外もトッピングしたかったです。

あと、気になったのが店員さん。この狭い厨房にふたりいらしたのですが、ひとりが「俺、ギターのリペア工房で40年マスタービルダーやってますけど」的なおじさん。もうひとりは若い女性で「あたしは渋谷のクラブとかでサックスソロ定期的にやってますんで」みたいな、妙におしゃれで骨がある感じ(ハットかぶってました)。どういういきさつでこのふたりが店員なのか、さっぱりわかりませんでした。他のブログでは「おばさんがひとりでやっていた」という話もありましたので、その3人がご家族なのかもしれない、とちょっと想像しました。

その他、張り紙が気になります。

chika05.jpg

朝早いぶん、夜は早めに閉まりますね。まわりの商店街もそんな感じだったので、これが方南町タイムなんでしょうね。

あとけっこうあちこちに貼ってあったのですが、

chika06.jpg

「お薦め!ぬるいそば」「ぬるそばあります」とあちこちに貼ってありました。確かにちょっとつゆがあつあつなので、急いで食べる人には少しぬるいといいかもですね。

chika07.jpg

地下鉄出口の反対側、商店街側はこんな感じになってました。なるほど、家庭的な天ぷらが売りなのも納得。実際、とおりすがる奥様が、天ぷらだけ買って帰ったりしてました。こういう地域密着感もいいかもですね。

○総評 ★★★☆☆
方南町だからこそ成り立つ感じ。大手町ではこの感じは出せません。街に後押しされた家庭的立ち食いという事で★1こ追加です。次回は天ぷら食べたいです。



大きな地図で見る
posted by こそぶろ at 03:16| 調査

2013年03月13日

調査13・立ち喰いそば 新橋駅ポンヌッフ店

DATA-----------------
立ち喰いそば 新橋駅ポンヌッフ店
東京都港区新橋2-17-14
コロッケそば=360円
---------------------

健康診断の指定クリニックがお台場だったので、
帰りに久しぶりに平日昼間の新橋に来ました。

「胃カメラの麻酔が14時ころ醒めますので、その後に胃にやさしいものを食べてください」と言われたので、新橋で下車してお茶漬け専門店にでも行こうかなと思っていたのですが15時近かったので諦め。ふと以前からポンヌッフが気になっていたのを思い出しました。

pontneuf01.jpeg

だいじょうぶ、そばもコロッケも胃にやさしい!(ダメです)


「ダンキン・コロッケ」

パリのpont neufは「新しい橋」と言いながら
パリではいちばん古い橋だとか。
久しぶりに来た新橋もいろいろ懐かしいです。
迷わずコロッケそばを注文。ゆで麺なのですぐに来ます。

Evernote%20Camera%20Roll%2020130313%20015251.jpeg

ルックスは優等生コロッケそばですね。
器が浅く平べったいタイプです。

Evernote%20Camera%20Roll%2020130313%20015302.jpeg

この器のおかげで、水没による衣の崩壊が少し抑えられます。
食べやすそうです。

コロッケを箸で切ってみます。しっかり固く詰まっていてなかなか切れません。
しかし衣はほどよくほろほろに、大きめの塊から少しづつつゆに溶けています。
コロッケの具は大きめおいもゴロゴロタイプで、とても美味しく戴けます。
衣ふんわり、おいもほっくり。個性が立っていて楽しい。

ここでふと気になりました。具はこんなにしっかりなのに
衣はどうしてこんなにふわふわなのか。
そんなにすぐに溶けてしまいそうな緩い衣ではなく、しっかり揚がっています。

pontneuf04.jpeg

他のブログやサイトを調べてわかりました。
わたしは見落としていたのですが、このお店は
麺が茹で上がってセットアップの時、
揚げ物を一度つゆに漬けてから載せるんだそうです。
普通にしっかりした衣につゆが染みて、
盛り付けた時につゆに香ばしさがうつりやすいみたい。
Dunk In croquetteって事です。

コロッケの一口めの感想は「味が深くて美味しい!」でした。
たぶんこの一工程がかなり影響していますね。

こう書くといかにも衣が溶けてなくなってしまいそうですが、
溶けるのは表面の大きめの衣が少し。
基本的にはしっかり具をラップして、最後まで美味しく戴けます。

pontneuf05.jpeg

しかし大胆な店名だなぁ。
その名のとおり、懐かしいながら新しい発見のある良物件でした。

ほんとはこの後、名前つながりでカフェ・ポンヌフでお茶しようと思っていたのですが、さすがに準備中でした。みんながナポリタン食べる中、ミルクとか飲んでるのも野暮ですしね。


○総評 ★★★★☆
スタンダードなおそばですね。ゆで麺使用。つゆも少し濃い目の関東立ち喰い味。
あちこちのサイトやブログで「甘い」「辛い」とさまざまな感想がありますが
根っからの関東育ちのわたしにはちょうど良かったです。
揚げ物を漬ける工程が、つゆの濃さを生かしていて全体の風味もアップしています。新橋のおじさんたちに揉まれて流石の貫禄でした。
5〜27時っていう営業時間もすごい。思い立ったらいつでも開いてる案心感ですね。



大きな地図で見る
posted by こそぶろ at 03:01| 調査

2013年02月25日

実験3・のら豚屋コロッケカレーうどん

DATA-----------------
のら豚屋 新宿通四谷店
東京都新宿区四谷2-11
コロッケカレーうどん=800円
---------------------

実験するつもりは特にありませんでした。
トッピングにコロッケがあるなら必ず注文する、それだけです。
スタンドカレー然り、讃岐うどん然り。

友人に誘われてカレーうどん専門店に伺いました。
実はカレーうどんにまったく興味がありません。
猫舌ゆえ食べ終わるくらいまでずっと冷めずに苦労することと、
汁がはねたりとか面倒なことが多くて。

お店に伺うと、さすが専門店、ステーキ屋さんのような
紙のエプロンを用意してくれます。これでかなりディフェンス力アップです。
お店のおすすめは友人にまかせて、まっしぐらでコロッケカレーうどんを注文。


「カレーづくし」

出てきました。ザ・カレーうどんって感じです。

001.jpg

しっかりととろみがあるスープです。コロッケは安定して浮いています。
麺もしっかり太めでコシがありそうで、コロッケをしっかり支えてくれています。

002.jpg

食べてみます、熱い。。。
とろみがしっかりなので、おそらく食べ終わる頃までアツアツのままでしょう。

003.jpg

なんと!コロッケもカレー味。こだわりすごい。

コロッケはポテトメインで程よくカレー風味で、しつこくなくていい感じです。
衣もカリっとしていますが箸でサクっと切れます。なかなか良いカレーコロッケです。

お店のイチオシは、こちらの『のら豚カレーうどん』みたいです。
友人も美味しく完食してました。

004.jpg


○総評 ★★☆☆☆
カレーうどんに興味がなさ過ぎて恐縮ですが、かなり優等生カレーうどんでした。
スパイスが勝ちすぎず。麺が主張しすぎず程よくもちもち。
スープも最後まで飽きずに食べられる程度のあっさり感。でもとろとろ。
ちょっと個性に欠けるかも、というくらいに
さりげなく完璧バランスなカレーうどんでした。
カレーコロッケもこのスープにぴったり会う感じにチューニングされていて
他のそばに乗せたらちょっと物足りないかも、という感じのあっさりコロッケでした。
全体的に「ツボは抑えつつ主張しすぎず」な、スマートカレーうどんでした。



大きな地図で見る
posted by こそぶろ at 19:16| 調査

2013年02月17日

調査12・千曲そば(新宿東口)

DATA-----------------
千曲そば(新宿東口)
東京都新宿区新宿3-36-2
コロッケそば=360円
---------------------

新宿で捕われていた中古楽器を救出しに行きました折に、
そういえばこのあたりでそば食べてないなと思い、
目に付いたお店に飛び込みました。
東口というか南口というか、東南口を出て大きな階段を降りて
GAPが入ってるビルを過ぎた四叉路のあたりです。

c01.jpeg

千曲さん(ピンボケですみません)。

立ち喰いではよくありますが、間口はこんなですが奥に長いです。
カウンターのみですが10人くらいは入れます。

c02.jpeg

麺をゆでるのに3分くらい待ちます。店内が渋いので楽しい。
お水のサーバーがカッコいいです。
看板は新しい感じなのですが、調べると古くからあるお店みたいですね。

c03.jpeg

c04.jpeg

こういう感じで展示されると、つい追加注文したくなりますが、
前回かき揚げ追加で全体のバランス把握に支障をきたしたので
ぐっと我慢します。


「ワカメ漁解禁」

c06.jpeg

いい感じにスタンダードなコロッケそばです。

c05.jpeg

でもなんか「ワカメ漁解禁」みたいになってますね。
ワカメ多めですが、おいしいワカメなので嬉しいです。

コロッケもごくスタンダードな
ミックスベジクリーム系の冷凍ですが、衣が少し香ばしいです。
上のトッピング写真の感じで、
他の揚げ物も一気に揚げてると思いますが、
お店ごとのフライヤーの味、みたいなものが出ますね。
揚げ物がワイルドな店、おとなしい店とかありますよね。
千曲さんはたぶん揚げがちょうど良いお店だと思います。

c07.jpeg

コロッケ内部構造もスタンダード。硬すぎず緩すぎず。
衣は多少はがれやすいですが、カリッと揚がっているので
ばらばらに溶け出したりしません。食べやすい部類に入ります。

大量の(おいしい)ワカメの棚のおかげで、
安定してコロッケを維持しつつ食べ進めることができます。
コロッケの内部ペーストも、最後まで溶けずにおいしく戴けました。

麺もいたってスタンダード、富士そば系の食べやすい麺でした。


○総評 ★★★☆☆
コロッケ、麺、汁とも、とてもスタンダードで
特徴に欠ける、と思いきや、
ほんの少し衣が主張していたり、麺のゆで具合がちょうど良かったり
ワカメがおいしかったりと、小憎い演出で楽しませてくれます。
店内も、内装は新しいけど什器は昭和な感じ。
個性を主張しすぎないけど楽しめる良店です。



大きな地図で見る
posted by こそぶろ at 03:26| 調査

2013年02月05日

調査11・天そや 四谷見附店

DATA-----------------
天そや 四谷見附店
コロッケそば=380円(かき揚げ追加+150円)
---------------------

ゆゆしき問題ですが、自分の生活圏内のめぼしいコロッケそばは
食べつくしてしまった感があり、新たに探索したりしています。
関東の立ち食いそばではありふれたメニューの「コロッケそば」。
ありふれているからこそ、微妙な違いを味わっていきたいのですが、
強力なチェーン店はほぼ画一化されてたりして、
なかなかいい出会いがありません。

灯台下暗しで、地元で攻めていないお店があったので食べてみました。
四谷駅前の大きな交差点を渡ってすぐのところ。
以前は違う店名だった気がするのですが、「天そや」になってから
一度も入っていませんでした。
調べたら、天そやは小田急系列で、ここの他には
大久保と経堂にしか店舗がないみたいです。
>小田急レストランシステム


「コロッケの”シズル感”」

11-01.jpg


おなかが空いていたので、かき揚げを追加してしまいました。

11-02.jpg

お、これはなかなかおもしろい物件ではないですか。
コロッケは、ミックスベジタブルのクリームタイプです。
中身はクリームの粘度が高めで安定していますが、
衣は緩いです。そして珍しいのは、
コロッケの上の中央あたりに、揚げ玉よろしく
衣の揚げかすが少し乗せてあるのです。
衣本体は薄めで緩いのですが、こちらはパリっとしているので
意図的に乗せていると思われます。
コロッケのシズル感の演出が主目的といったところでしょうか。

11-03.jpg

まあでも、食べたら一瞬なんですけどね>シズル感

食べてみます。
かき揚げを追加してしまったため、バランスが正確に把握できませんが、
麺が多めなのか水中のそば棚が安定していて、
コロッケ衣の崩壊は緩やかで余裕を持って食べられます。

こうなると、コロッケの崩壊も楽しむべき演出として機能します。
ちょうど月見そばの生たまごのように、
どのタイミングで崩壊を許容するかを楽しむ余裕が生まれます。

11-04.jpg

やはりかき揚げのせいでバランス感覚が狂ってしまって
正確には判断できないのですが、
器小さめ、汁量ふつう、麺少し多め(?)+かき揚げのせいか、
緩い衣が溶け出すのがあまり気になりません。
溶けても小さくならないので、麺と一緒にいただけます。
全体的に安心感を持って、ゆったりとコロッケを味わうことができました。


○総評 ★★★☆☆
チェーン店ですが店舗数が少ないので、そこそこ個性があって楽しいです。
価格は、全体平均から考えると20円くらい高めでしょうか。個性代かな。
これは自分の問題ですが、かき揚げ追加は失敗でした。
かき揚げ自体もぱりっとしていて他店にない仕上がりでおいしいのですが、
満腹になってしまいましたし、全体のバランスを把握するのに苦労しました。
バランス感覚が鈍ります。
やはりコロッケ、そば、汁のハーモニーを五感で味わうべきですね。



大きな地図で見る
posted by こそぶろ at 17:13| 調査